ファイナンシャルプランナーとはどんな資格?通信講座や試験について解説

一般的にファイナンシャルプランナー(FP)というと、ファイナンシャルプランニング技能士(1~3級)の資格を持つ人のこと。人々のライフプランを主にお金の面から計画、アドバイスする専門家です。現在、金融以外のエリアでもFPの需要が増しています。FPとはどんな資格なのか?どうしたらなれるのか?そしてFP検定試験について解説します。

ファイナンシャルプランナーとはどんな資格なのか

ファイナンシャルプランナー 講座,ファイナンシャルプランナー 通信,fp講座,fp通信,ファイナンシャルプランナー

ファイナンシャルプランナーは、日常的にもよく聞く言葉ですが、どんな仕事をする人たちかご存じですか?ファイナンシャルプランナーは、お金に関する仕事をしていますが、もう少し詳しく説明すると、「お金の節約」「住宅ローン」「不動産」「教育」「投資」「老後」「相続」などのエリアを専門にしているプロフェッショナルのことです。これらのエリアに関するお金の悩みを解決するために、それぞれの顧客の状況に合わせてプランを提案するのが主なお仕事です。ファイナンシャルプランナーの中には独立して働く人もいますが、多くは金融系の会社に所属して仕事をしています。ただ、ご紹介したエリアの業種であれば、ファイナンシャルプランナーの能力は十分に活かせるので、資格を保持することで、さまざまな企業に働き口があることは確かです。一般的にファイナンシャルプランナーというと、ファイナンシャルプランニング技能士の資格を保有する人のことです。

FP技能検定3級から1級

ファイナンシャルプランニング技能士には3つの等級があり、3級、2級、1級の順で難易度が上がっていきます。
3級FP技能士になるためには、特別な条件はなく、すでにFPの業務をしている方や、これから業務に就こうと考える人なら誰でも検定試験を受けることができます。
2級FP技能士を目指す場合は、受験資格を満たす必要があります。すでにFPとして2年以上の実務経験がある方、3級FP技能検定に合格している方、そしてAFP認定研修を終了した方、に受験資格が与えられます。この中でもっとも一般的な方法は、AFP認定研修を受講することで、この場合、3級の資格を保持していなくても、最初から2級を受験することができます。
1級FP技能士は、ひじょうにハイレベルな知識を持ち合わせたファイナンシャルプランナーです。受験資格を得る方法もその試験を行う団体により異なるため、ここでは詳しくご紹介しませんが、2級FP技能士の資格を取得したうえで、高度な民間資格を得ることで受験が可能になります。

ファイナンシャルプランナーの資格を役立てる方法

ファイナンシャルプランナーは、すでにご紹介したように、さまざまな業界から求められています。そのため、ファイナンシャルプランナーの資格を得ることで、自身のキャリアアップに役立てることができます。
銀行や保険会社、証券会社などの金融業界では、当然ながら、多くのファイナンシャルプランナーが活躍しています。
また、不動産仲介業者や住宅メーカーなどの不動産業界でも、ファイナンシャルプランナーが持つ知識は重宝されます。これら2つの業界では、FPの資格を持つことで、就職や転職活動を有利に進めることができますし、即戦力として給与面で良い待遇で迎えてもらえる可能性も高まるでしょう。
ファイナンシャルプランナーの資格が役立つのは、キャリアアップだけではありません。自身の生活にも役立ちます。ファイナンシャルプランナーは、言ってみれば「人々の一生をサポートする仕事」です。生活密着型の仕事ですから、FPの知識は、自身の生活設計に役立ちます。年金や保険、税金や資産運用、不動産、相続まで、一生涯のお金のプランは、何も顧客のためだけに作るのではなく、自身の生活にも潤いを与えるでしょう。

ファイナンシャルプランナーの資格を得るために

ファイナンシャルプランナーの資格を得る場合、多くの人は最初から2級を目指します。認定講座を修了することで、比較的短い時間で検定試験を受ける権利が得られるため、これからファイナンシャルプランナーを目指そうという方は、やはり同じルートで挑戦するのがおすすめです。ファイナンシャルプランナーは、キャリアアップにひじょうに役立つ資格であることから、すでに働いている方が資格取得を目指すことが多く、時間の融通が利きやすい通信講座で選ぶ人も増えているようです。

ECCビジネススクールの通信講座

ファイナンシャルプランナーを目指すための通信講座は数ありますが、やはり独学になる以上、信頼のおける、作り込まれた講座を選ぶべきでしょう。ECCビジネススクールのファイナンシャルプランナー講座は、他を圧倒する67時間の動画講義が特徴です。講座全体は3ヶ月で修了することを想定して作られていますが、その割には動画のボリュームが多すぎるようにも見えます。しかし、3ヶ月という期間で、3級と2級FPの内容を網羅しなければいけない中、このボリュームは決して多いとはいえません。もちろん動画はわかりやすく編集されているうえ、テキストと結びつけられているため、内容が理解しやすい作りになっています。過去問集も併せ、時間をかけてよく作り込まれた教材が用意されています。そしてECCビジネススクールの通信講座は、受講生のバックアップ体制も特筆もの。専任のスタッフが、学習に関する質問のほか、モチベーション維持など、資格取得へ向けてのメンタルサポートも行っています。

ファイナンシャルプランニング技能士検定試験

ファイナンシャルプランナー 講座,ファイナンシャルプランナー 通信,fp講座,fp通信,ファイナンシャルプランナー

ここからは、2級ファイナンシャルプランニング技能士検定試験についてお話ししていきます。2級FPの試験には3級同様、学科試験と実技試験があります。

2級FP技能士の学科試験

2級FP技能士の学科試験は、4択のマークシート方式で行われ、以下の科目から出題されます。
・ライフプランと資金計画
・タックスプランニング
・リスク管理
・不動産
・金融資産運用
・相続、事業承継
60問が出題され、制限時間は120分。60%となる36問正解で合格です。

2級FP技能士の実技試験

2級FP技能士の実技試験は、試験を行う団体により違いがあります。ここでは、日本FP協会が行う実技試験についてご紹介します。
実技試験のテーマは「資産設計提案業務」です。関連業法、倫理観などを含めたファイナンシャルプランニングが、プロセス、状況分析や評価、プランの検討と作成などを含めて問われます。実技試験は完全記述式で行われます。税金の計算なども試験内容に含まれるので、電卓の持ち込みは可能になっています。実技試験では40問が出題され、制限時間は60分。やはり60%となる24問正解で合格です。
なお、学科試験と実技試験は1日で受験可能ですが、別々の試験として行われるため、どちらかの試験に不合格となったとしても、後日その不合格になった試験に合格すれば、2級FP技能士の資格を得ることが可能です。

引き合いの多いファイナンシャルプランナー資格保持者

ファイナンシャルプランナーは現在、さまざまな業界から求められています。それは即ち、この資格を得ることで、キャリアアップにつなげられることを意味します。このように企業に所属して働くことも容易ですが、専門の分野を深めていくことにより、独立型のFPとして、中小企業向けのファイナンシャルプランニングを担当したり、講演会などで活躍したりすることも夢ではありません。今後もFPの可能性はますます広がりそうです。